防犯カメラで防犯対策!録画をおそれて犯罪抑止効果が得られる

防犯カメラで録画するならカラーがおすすめ

最新の防犯カメラ

現在、様々な場所に防犯カメラの設置がされていますが、画質の良さも年々向上しています。以前は万引きの瞬間などを映すのは難しかったのですが、今は薄暗い中でもはっきりと捉えることができます。また、スローで再生したり、逆再生も可能になりました。画質がいいということは、犯罪を働こうとしている人にとってはいやなものなので、大きな効果が期待できます。そこで、設置する時の注意点を見ておきましょう。

カメラを設置する時に気を付けること

設置する時は敷地を囲むようにする

1つだけを設置するのではなく、敷地を囲むようにして複数のカメラを設置するのが効果的です。1か所だけに設置しても、その場所以外から侵入されたら意味がありません。また、複数設置する際には死角ができないように注意しましょう。死角があれば、塀を登ったり、隣から侵入するかもしれません。費用は掛かってしまいますが、防犯対策をしているとアピールするだけでも、泥棒にとっては近づきにくい家になります。

防水タイプを使用する

もし屋外に設置するのであれば、防水タイプを選ぶといいでしょう。カメラには「IP保護等級」という防水性能を表すものがあるので、数値を見比べてみるといいですね。雨ざらしの中使うことを考えると、防水性能が弱いカメラだとすぐ壊れる可能性もあります。そうなると録画もできませんし、またカメラを買ったり修理する必要があるので、最初から防水が高いものを選ぶのがおすすめです。

外の明るさに合わせる

もし自宅の周辺が夜になると明かりが少なく真っ暗な状態なら、暗いところでも撮れる機能が付いたカメラにしないと、何が映っているのかわからない状態になってしまうでしょう。赤外線LEDやデイナイト機能がついているカメラがいいですね。赤外線LED機能なら、暗いところでLEDが点灯するので、カメラをアピールしたいなら効果的です。デイナイト機能は外の明るさに関係なく撮影できるので、明かりが少ない環境にはもってこいですね。

周囲の個人情報が映らないようにする

防犯カメラで設置したものは、個人情報とみなされます。そのため、近隣の住宅内部が映らないようにする必要があります。万が一、住宅内部などを撮影してしまうと、訴えられてしまうかもしれません。設置する際には角度などを調整しましょう。また、近隣住民に「うちを撮ってるんじゃないか?」と嫌がられたり、トラブルに発展しないようにステッカーを貼るなどし、カメラの存在を知らせておきましょう。

カラーカメラを設置する

防犯カメラには、白黒で撮影するものとカラーで撮影するものがあります。必ずカラーカメラじゃないといけないというわけではありませんが、証拠などの観点から見ると、カラーカメラの方がいいのです。白黒に比べ、カラーの方が犯人の特徴がわかりやすいので、犯人特定に繋がりやすくなります。防犯カメラはこまめに交換するものではないので、最初からカラーをえらんでおくといいでしょう。

防犯カメラで防犯対策!録画をおそれて犯罪抑止効果が得られる

防犯カメラ

犯罪抑止効果がある

防犯カメラや監視カメラは、悪いことを使用としている人にとっては恐れられている存在でしょう。そのため、設置していることを大々的にアピールするだけでも犯罪の抑止効果を得ることができます。また、カメラの存在自体が彼らにとっては嫌なものなので、本物のカメラじゃなくダミーカメラだとしても有効です。

防犯カメラの購入方法

防犯カメラの設置をするためには、カメラの購入が必要ですね。ホームセンタ―や電気店で購入することができますが、扱っている種類がすくなかったりするので、欲しいカメラが決まっていたら取り寄せてもらうのもいいでしょう。また、通販で購入することも可能なので、色々と見比べてみると選びやすいかもしれません。

設置費用

設置を業者に依頼した場合、カメラ本体と機材、工事費用を含め平均で15万円程度でしょう。もちろん、カメラの性能などによって費用は異なります。もし、企業などでより高性能なカメラを設置するようなら、30万円前後くらいかかるかもしれません。設置費用が多いと工事費が安くなることもあるようですが、事前に業者に確認してみるといいでしょう。

広告募集中